2006年02月28日

2歳になったポメチのお兄さま・輪太郎君

2yearsoldrintaro-kun.jpg

2004年の2月29日生まれ。オリンピックイヤーの閏日生まれで、五輪にちなんで名付けられた輪太郎君が2歳のバースディを迎えました。
当初生後約2ヶ月で500gと極小な子犬ちゃんでしたが、生後1年半の頃には体重は3.7kgへと大きく成長。今もその体重を維持されていることと思います。

1Rintaroonisama.jpg

ロコのように毛のハゲハゲも反抗期も特に見られず、同じポメチではありますが様々ですね。初めは黒っぽかった毛も今ではほとんど茶色、お腹は白で背中は十字架模様というミステリアスな毛色になりました。
なによりお顔の変化が顕著でした。タヌキ顔からキツネ顔への変身、これぞミックスの真骨頂といったところでしょうか〜。

2Rintaroonisama.jpg

1歳のお誕生日には、cheeさんが残業を蹴ってまで犬用のケーキを買いに走ったそうですが、今年はいかがでしたでしょう。首尾良くゲットなさいましたか?(笑)

【追記】
今年のケーキは、当日慌てることのないように、注文にしておいたそうです。輪太郎君の小さな口に合わせたサイズで、大好きなチーズ+ヨーグルト風味のスフレケーキです。おいしそうですね。
画像はロウソクをたててもらい、遠巻きにしながらもケーキを狙う輪太郎君です。

a-rintaro-sama.jpg

さて、去勢手術はしていない輪太郎君。先だっていらした駒沢公園のドッグランでは、なにやら気になるポメラニアンのお姫様が見つかったとか。彼の恋の行く末がおおいに気になる私なのです。

3Rintaroonisama.jpg

ニックネーム kukui at 03:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ポメチの皆さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

東区奈多3の「カフェ オット・アゴースト Cafe Otto agosto」閉店

Cafe88.jpg

福岡市でも大規模な海浜リゾート、海の中道や金印出土で有名な志賀島へ続く道沿いに立地。犬のシルエットが看板に描かれている一戸建てのカフェです。
お店の前で写真を撮ったりしてウロウロしていましたら「どうぞ、いらっしゃいませ」とスタッフの方がドアを開けてくださいました。

1Cafe 88.jpg

店内は白を基調に、ステンレスやクリスタルの備品がアクセントになってスタイリッシュ。犬のシルエットは看板にありましたが、本当に犬もいいのでしょうか?と思ってしまうほど。でもそんな雰囲気のなか、お客様はほとんどが犬連れさんです。特に入り口付近のテーブルにはオスワリしても、テーブルから肩から上が見えるような大きさの犬さんが静かに佇んでいました。

2Cafe 88.jpg

訪れた時間はほぼ午後3時で、ランチタイムの滑り込みに成功(!?)。ランチプレートをいただくことができました。サラダとドリンク付きで、200円をプラスするとデザート付きにできます。

4Cafe 88.jpg
5Cafe 88.jpg

プレートの内容はパイ包みチキンのクリームシチュー、ブロッコリーなどの温野菜トマトソース仕立て、フェットチーネ、牛ほほ肉の赤ワイン煮込みです。たいへん満足のいくものでした。イチゴのムースとアイスクリームの盛り合わせもおいしかったです。

6Cafe 88.jpg

このお店は犬さんメニューもあるので、頼みたかったのですが売り切れでした。残念です、次回はもっと早めに入店しなきゃですね。

7Cafe 88.jpg

お店を後にする際に、オーナーの方とお話しする機会がありました。「世界一大きいと言われている犬もいらっしゃいますよ」とのことです。さらに「ペットならなんでも受け入れたいです。ミニ豚でも」と心強いお言葉も。とても気さくな明るいオーナーさんでした。
画像にはありませんが、犬さんにはオフリードのテラス席があります。ただし限定1組様のみ。この席は外から見えにくいようにすべて囲ってありますので、店内ではリード付きの犬さんものびのびと過ごせますね。

福岡市東区奈多3-2-3
092-606-6886
●ランチ午後12時〜同3時
 88プレートランチ1300円
 ピッツァランチ850円〜
 パスタランチ850円〜
 ランチタイムメニューはサラダ、コーヒー、紅茶またはハーブティ
 付き。+200円でデザート追加
●カフェ午後3時〜同5時
 日替わりドルチェ550円〜他
 +200円でコーヒーまたは紅茶追加
●ディナー午後5時〜同11時
 牛ほほ肉の赤ワイン煮1300円
 ワタリガニのトマトクリームパスタ950円他
 アルコールあり
平成18年3月は毎週月曜、第2火曜定休

【追記1】
ランチはすべてデザート付きに。
オープンは午前11時半〜に変更。土日はフル営業です。(平成19年11月11日確認)

【追記2】
平成20年2月15日より、犬連れ入店ができなくなりました。(平成20年2月24日確認)

【追記3】
知らないうちに閉店してしまったようです。(平成21年1月)

8Cafe 88.jpg

さて、「カフェ オット・アゴースト」の後に海の中道海浜公園の方へ行ってみました。しばらく車を進めていると芝生の広がる広場が見えたので降りてみると、犬さん達がそれぞれ散歩をしている姿が。
シェルティのレオ君(4歳)は毛がフサフサのもこもこさん。ロコはかまってもらおうと盛んにモーションをかけますが、飼い主さんいわく「太っているからなかなか動かないんです」。と、そこへ通りがかったダルメシアンのシューベルト君(1.5歳)。彼はロコを気に入って、追いかけっこをしてくれました。全力疾走しても叶うはずもなく、惨敗したロコは自分より足の速い犬さんは、パグのリンちゃん以外にも存在することを知ったのでした(笑)。

9Cafe 88.jpg
ニックネーム kukui at 23:35| Comment(8) | TrackBack(0) | カフェ&レストラン等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

謎のベールに包まれた ポメチの七宝君

1POMETI.jpg

夜のお散歩コースのひとつ、M公園では何度となく同じ犬種(!?)ポメチちゃんの噂を聞かされてきました。

2POMETI.jpg

「七宝(しっぽう)ちゃんは、どこから見てもポメラニアンよね〜」、「ペットショップで買われたみたいよ〜」などなどいろいろな情報をいただいていました。ところが全然会えず仕舞いです。つい最近、ダックスちゃんの飼い主さんに「七宝ちゃんは、日曜くらいにしか来ないみたいですね」とお聞きしたので、昨晩も行ってみたのですが空振りに終わりました。

3POMETI.jpg

しかし、ついに本日伝説の(いつから?)ポメチ・七宝君(1歳9ヶ月、去勢済、体重3kg)にお会いすることができたのです!悲願達成であります、トリノ五輪どころの騒ぎではございませんっ。

1sihitpou-kun.jpg

恋いこがれた七宝君は想像通り、いえ想像以上にかわいかったのでした。おでことか顔の造りに、やはりチワワ色が出ていますね。ペットショップで買われたのではなく、近場の方から譲っていただいたのだそうですよ。ロコとの初対面ではガウされちゃいましたが、慣れてくれたら一緒に遊んでくださいね。

2sihitpou-kun.jpg

今日はM公園では七宝君に会えたし、H公園ではポメプー(ポメラニアンとトイプードルのハーフ)零君(2歳)にも会えて、とても幸せでした。
ニックネーム kukui at 21:58| Comment(24) | TrackBack(0) | ポメチの皆さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

2月のフレンドリークラス -パピークラス-

1pappyclass.jpg

先月と同様、今回も6頭の犬さんの参加でフレンドリークラスが行われました。しかし、トイプードルのラモ君とロコ以外はメンバーが全員違います。生後6ヶ月から1歳近くまでの皆さんでロコと月齢が近く、スタート直後から興奮状態が続きました。

2pappyclass.jpg

最初は先生によるみんなの紹介。続いて飼い主さんの横でオスワリ、2〜3秒後に目があったらヨシで解除。同様にオスワリ+フセのコンビネーション。最後は犬さんだけ、時計回りに移動していくものでした。
先生がおっしゃっていましたが、一連のコマンドのゲームが終わる頃には、慣れてきたのかそんなに大騒ぎしなくなるのは不思議ですね。

3pappyclass.jpg

普段の散歩時にはなかなか他の犬との接触、ましてやリードを持つ飼い主さんが入れ替わるなどということはまずありませんので、とても貴重な場です。パピークラスは犬同士が仲良くその場所を共有することを学ぶものですので、ここできっちりマナーを身につけないといけません。それからですね、上級クラスへ行くのは。

4pappyclass.jpg

今日はやる気が出なかったのか、コマンド無視する場面がしばしば・・・飼い主、なめられています(泣)。

5pappyclass.jpg

さて、先生からは「春の予防医療」と書かれたコピーが配られました。それには狂犬病の接種のこと、フィラリア症予防のこと、ノミ・ダニ対策のことがそれぞれ書かれていました。知らなかったのはフィラリアの予防薬は後追いの薬だということです。つまり飲んだ日からさかのぼっての1ヶ月間の分に有効だそうです。ですので、福岡の場合は5月に始めて、1月くらいまではしっかり飲ませたいですね。

6pappyclass.jpg

今日は先生から嬉しいプレゼントをいただきました。トイプードルのラモ君とロコが参加5回越えのごほうびです。ロコは豚の皮のガム、ラモ君は豚の骨(加工ナシ)を選びました、ありがとうございました。

ついにウェルシュ・コーギー ペンブロークのアヴィ君のブレなし撮影に成功しました。やったーっ!

avi-kun.jpg

ミッキー君は今日も落ち着いているように見えましたよ。バンダナがとっても良くお似合いです。ワン♪と挨拶してもらいました。

micky-kun@friendry.jpg
ニックネーム kukui at 23:42| Comment(4) | TrackBack(0) | Dr.nonしつけ教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

ドッグカフェ「フラッフィー」お別れパーティ

福岡の西区、室見川河畔にある「フラッフィー」は、開業して約3年でいったんその営業ににピリオドを打つことになりました。
ロコの散歩解禁とともにドッグカフェ巡りを始め、訪問2店舗目がこのお店でした。
そのような大切な場所がなくなるというのは、たいへん辛いことです。そんな思いを抱く皆さんが集まり、残された時間を慈しむようにパーティが開かれました。

1-finalparty@fura.jpg

2月12日(日)の午後5時からでしたが、ロコが糟屋郡の公園の芝生で他犬う○ちをスリスリしてしまい、あわてて自宅でシャンプーしたり、途中の道で事故があり渋滞にあうなどして私たちが着いたのは午後6時をまわっていました。
コロ君の飼い主さん達はすでにお好み焼きをほおばっています。その横でせっせとホットプレートで作ってくださっているのは、ミニチュアダックス小雪ちゃんのママとロングコートチワワの太一君のママトラ吉さんでした。
小雪ちゃんのママによる関西仕込みのお好み焼きはさすが!の味です。さらに、これまたおいしいソーセージもホットプレートで焼かれていました、が、おいしさと空腹のあまり画像を取り忘れました(笑)。

3-finalparty@fura.jpg

そうこうしていると、大きな鍋が運ばれて熱々のアンコウ鍋の登場です。お出汁が効いて野菜もおいしい〜。この出汁を使い、ゴールデンレトリバーBJ君(生後4ヶ月にして13キロの体重だそうです)のパパ(ブーパパさん)があん肝入りの雑炊を作ってくださいました。これが最高!、幸せなお味でした〜。コロ君とロコはもらったアンコウの軟骨が相当気に入ったようです。

2-finalparty@fura.jpg

デザートには杏仁豆腐にイチゴがトッピングされて、さらに幸せな気分に浸ることができました。こんなご馳走を用意して、作ってくださった皆様、本当にありがとうございました。

4-finalparty@fura.jpg

店舗の存在はなくなりますが、人のつながりは続きます。そんなフラッフィー友の会へ私も入会させてもらって、本当に嬉しいです。また皆さんが集まる際には呼んでください〜。

5-finalparty@fura.jpg

さて、人や他の犬が苦手とお聞きしていたチワワの太一君。パーティのさなか、ずっとキャリーバッグにすっぽり入ったまま過ごしていました。そんな彼とロコを対面させてみることにしたのですが・・・。
どのようなバトルが展開するかと固唾を飲んで見ていたところ、なんととても嬉しそうにしているではありませんか!太一君も、「変なヤツだなぁ」くらいの感触で、クンクンとニオイを嗅いだり、2人で相撲取りをするまでに発展。このまま慣れてくれば仲良しさんになってくれると確信しました。
ちなみに私が太一君に近づいてみたら・・・小さな声でヴ〜とうなられちゃいました(笑)。

6-finalparty@fura.jpg
ニックネーム kukui at 03:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする