2006年06月30日

東京見聞録 vol.1「旅立ち」

ロコを連れて東京へ行ってきました。2人(1人と1頭?)で旅行も初めてなら、飛行機に犬を乗せるのも初めてです。もちろんロコはやることなすことすべてが初体験!いったいどうなることやらでしたが、無事に帰ってきました。
ではでは、まずは序章から。

loco-T.jpg

今回の出で立ちは、本職イラストレーターのビスコパパにお願いして書いていただいたイラストを、背中にドーンと配したTシャツです。デザインと制作はマーブルテイルのHASSYさん。重ね着スタイルにしてもらい、シャツの裾からはパッチワーク風デニムプリントがのぞいています。

denimucarry.jpg

さらに公共交通機関を利用するため、キャリーバッグを新調しました。これまたHASSYさんに相談して、麻の爽やかなキルティングバッグが完成。詳細はマーブルテイルのコーナーでどうぞ(笑)
http://amcafe.babyblue.jp/kiltcarry/kiltcarry.html

けげんそうな顔してますね。貨物室ってどういうところなのでしょうか。ロコにデジカメレポートしてもらいたかったですね。

airport.jpg

ニックネーム kukui at 11:55| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

6月のフレンドリークラス -一般クラス-

1friendryclassJune.jpg

今月のフレンドリークラスは7頭の参加で6月18日(日)に行われました。ロコが初めてお会いしたのは、黒ラブのサンドラちゃん。私たちから見ると、しつけもばっちりでかなり優秀な彼女、盲導犬の予備軍として訓練されていたのだそうです。でも、雷に怖がってしまい不適切と見なされ家庭犬に。兄弟犬達の中からはもう現役で働いている子がいるかもしれないのだそうですよ。

2friendryclassJune.jpg

さて今回のメニューは、いつものウオーミングアップから始まり
1、オスワリ→マテのコマンドで飼い主は犬の側に立ちます。二瓶先生がみんなの側を歩いて通るのですが、その状態をキープ。
2、フセ、オスワリどちらかの状態でマテをかける。そこへロングコートチワワのモモちゃんが近寄る、それでもマテのまま待てる。

3friendryclassJune.jpg

3、飼い主が座り犬を逆さまに。嫌がっても胸のところに手を置き、おとなしくするまでそのままにしておく。
が主なものでした。

4friendryclassJune.jpg

3番の状態で先生からリンパマッサージなどの指導があったのですが、気持ち良くなったのかロコだけうたた寝してしまいました(笑)。なお、このマッサージは食事の直後は控えてくださいとのこと。消化の妨げになるのだそうです。

5friendryclassJune.jpg

他にパピークラスで出た質問なのですが、「オモチャを投げても持ってこない、飼い主に渡さない」について。先生の提案は、オモチャに紐を付け犬はリードをしたまま遊ぶという方法でした。紐付きオモチャをくわえているところを飼い主が絶対に引っ張らないことが重要だそうです。犬が噛みなおそうとする場面があるので、その機会をうかがってオモチャを取り上げるのがよいそう。

6friendryclassJune.jpg

またロングコートチワワのモモちゃんの飼い主さんからは「犬が苦手なお客さんに、わざわざ近づいて噛んでしまいました」との報告が。これに関してはルールを家庭で作ることが提案されました。リードを持ちコレクション(軽く引っ張って、制止する)をしながら犬をコントロール。それでも明らかに興奮していると見て取れる際には、飼い主さんが覆い被さって押さえ込むなどなど。犬の性格が落ち着く目安としては、1歳半、3歳と言われているそうです。その時期を過ぎると変えることはなかなか難しくはなってくるとのことでした。

7friendryclassJune.jpg

最後に暑さ対策について。家の中でもハアハアと口を開けている子には、朝だけはエアコンのドライをかけてあげるとよいそうです。また、外出先やドライブの最中に熱中症にかかってしまった場合は、全身を濡らし体内温度を下げつつ動物病院へ電話で連絡をします。そうすることで病院側も着いてすぐの応急処置ができるそうなのです。ロコも昨夏に熱中症になりかけた経験がありますので、今年はさらに注意しなくちゃと思いました。
ニックネーム kukui at 23:59| Comment(16) | TrackBack(0) | Dr.nonしつけ教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

今泉1の「エピカフェ Epi Cafe」

天神の南にある福岡三越至近、国体道路から少し今泉公園に入った最初の交差点に面した秋月ビル。先だってご紹介した「コーデュロイカフェ」の1階下にあります。このカフェも福岡では老舗でかなりの知名度ですが、やはり小型犬ならば入店可。小さめ犬の恩恵を受けているロコ(飼い主が?)です。

2epi-cafe.jpg

入り口から向かって正面には存在感のあるDJブースがあり、毎夜多彩なイベントが組まれています。スケジュールはお店に入る手前の階段に告知してあります。

1epi-cafe.jpg

店内はミッドセンチュリー風インテリアでまとめられ、クールな印象。テーブル席のほかにカウンターも併設。ロコは皆さんに囲まれ、とても嬉しそうです。「やっぱり群は多い方が楽しいですね」といった声が聞こえてきそう。

3epi-cafe.jpg

私が今回頼んだのはチョコレートのタルトの上にアイスやバナナがてんこ盛りの「生チョコとバナナのタルト」。これにプラス200円でドリンク付きにできます。かなりおいしかったですよ。
お店の方は犬さんに寛大ですし、秋月ビルの2店は犬連れの私たちにとって居心地の良い場所になりました。

epi-cafe.jpg

福岡市福岡市中央区今泉1-21-2 秋吉ビル3階
092-716-1910
午前11時半〜同3時(水曜は午後7時〜、土曜は〜午前5時)
無休

1vero.jpg

【ベロタクシー】
カフェ情報ではありませんが、ベロタクシーに乗りました。しかもドライバーさんのご厚意で、試乗させてもらったものです。皆さんの注目を浴びますがなかなか気持ちの良い乗り物ですね。

2vero.jpg

【追記】秋吉ビルの改装に伴い、平成18年8月22日にリニューアルオープンしました。
ニックネーム kukui at 01:16| Comment(12) | TrackBack(0) | カフェ&レストラン等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

祝・来家一周年

我が家へ来て、今日でちょうど1年経ちました。
振り返るとあっという間のことで、こんなに加速度がついて感じるなんて去年の今頃は考えもしませんでした。このような感じでこれからも過ぎてしまうのでしょうか。もっと時間を大切にしなくちゃ、と少々焦り気味な私です。

画像は最近のロコの好きなこと&物です。
上は天神・警固公園でお会いしたロングコートチワワのコタロウ君。とても気があったみたいです(でも力比べ・笑)。
下はコロ君が「興味ないでしゅ」と放棄したおもちゃです。新品状態でいただいて間もないというのに、噛み傷をたくさんつけているんですよ。

1Myboom.jpg

2Myboom.jpg
ニックネーム kukui at 00:35| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

「ちょっとだけ筑後」ホタル観光ツアー

1mino-renzan.jpg

福岡・久留米市から東へ、大分・日田市方向へと連なる耳納(みのう)連山。その頂上には縦走する耳納スカイラインがあります。割とマイナーなこのドライブコースは我が家の愛する道で、ほぼ中間地点には筑後平野の大パノラマを眺めることができる「ハンググライダー発進基地」がありおすすめです。今年もホタルの季節になり、鑑賞前に近隣を巡ってみようとロコを連れてやって来ました。

2mino-renzan.jpg

スカイラインの道脇に駐車して、コンクリートで舗装された細く急勾配の坂を登るとそこは別世界。筑後川を始めとする美しい平野が一望できます。実際にハンググライダーが飛び立つ場面には遭遇したことがありませんが、かなりの技術と自信がないと大空に飛び出す勇気なんてありません〜。初めて訪れたロコは、そこが山の頂上だという認識はほとんどなさそうです。きれいに刈られた草むらで楽しそうにしていました。

3mino-renzan.jpg

4mino-renzan.jpg

そんな姿に極度の高所恐怖症なはずの主人がロコと追いかけっこを始めてしまい、見ているこちらがハラハラします。たっぷり遊んで、食事して、寝転がってけっこうな時間を過ごしました。

5mino-renzan.jpg

そろそろ日も落ちかけてきたので、基地を後にして向かったのは星野村。福岡県内でも特に星をきれいに見ることができることで知られる場所で、九州最大級の口径65cmの望遠鏡を備える施設もあります。

1hosinomura.jpg

今日はホタル巡りがメインなので星はまた今度にして、同じ星のふるさと公園内にある「池の山キャンプ場」へ行ってみました。麻生池の周囲にバンガローやロッジが建ち並び、池に浮かぶ水草コウホネの花が見頃を迎えていました。ロコは池で合唱するカエルの声に驚いていたようです。そういえば、星野村では美しい棚田を鑑賞することもできるのですが、いたる所でカエルが盛んに鳴いていました。

2hosinomura.jpg

日もとっぷりと暮れ、メインイベントのホタル鑑賞ができる時間帯になりました。星野村を離れて浮羽を抜け、東峰村に一直線。清流の多いこの地区はシーズンともなるといろいろな所でホタルを見ることができるのです。今日は月夜ではありますが、薄雲におおわれた夜空は鑑賞には好都合。
ちょうど「宝珠山ホタル祭」が行われていて車も人でも多かったのですが、時間を大幅にずらしたおかげで(上記以外にも寄り道多数)会場付近に車を停めることができました。一昨年のホタル祭の日はものすごい数のホタルが乱舞して、それは壮観だったのですが今年は?

hotaru.jpg

・・・いやはやホタルは自然のもの、祭に合わせて発生するなんてしませんよね。気温が低めなのが影響したのか、あまり飛んではいませんでした。う〜む、残念です・・・。ロコにもあの時の感動を分けてあげたかったですが。また来年こそはリベンジあるのみ、でございます。
ニックネーム kukui at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする