2007年04月26日

[福岡]のDESIGNを考える5日間 - DESIGNING展 -

DESIGNING-anabaPro1.jpg

福岡の街をリレー形式で体感できるイベント。情報の発信源は建築、インテリア、フードなどの、生活に密着したデザインを手掛ける企業やショップで4月26日にスタートしました。期間は5日間の限定。26のショップ、24組のデザイナーが各会場ごとにオリジナルのエキシビションを展開中です。
http://www.designing10.jp/

DESIGNING-anabaPro2.jpg

その中から、特に気になった『ANABA PROJECT×dafe』を選んでポメチの七宝様と共に行ってみました。アナバプロジェクトといえば、建築や空間デザイン会社のダイスプロジェクトから派生した、リノベーション企画集団。古い建物を取り壊すことなく再生させるユニークな手法で独自の世界を確率しています。
博多区清川にある日本旅館をカフェや雑貨店、居住空間に変身させたことは有名。もちろんその中の数店はロコと私の大切な空間でもあります。そんなアナバプロジェクトと、南区玉川のカフェdafe(ダフェ)のコラボイベントでしたのでさっそく繰り出したのでした。

DESIGNING-anabaPro3.jpg

春吉のアナバプロジェクト・オフィスにはエキシビションとして「公園や路地裏などいつも目にする場所が予想外なものに変身するデザイン展」が。天井から下げられた複数の白いボックスには、小さな穴があけられていて中をのぞくと街の風景の中に人の絵が重なっています。それらがこの展示の主旨、つまり提案というわけです。
dafeのイベントは「青空カフェ」。場所は当日のお楽しみということで秘密でした。ここで種明かしすると面白味が薄れるので、あえて書きません(笑)。新作のスイーツも用意されていますし、靴を脱いでのカフェというのもオツなものです。

DESIGNING-anabaPro4.jpg

と、七宝様とロコはといえばエキシビション会場でスタッフの方にお世話していただいていました。今日はなんだか犬のお客さまが多かったようで、それもなんだか不思議。突然飼い主達が行方不明になって、どう感じていたことでしょう。最後の画像を見ると、相当お怒り??(笑)

DESIGNING-anabaPro5.jpg

ニックネーム kukui at 23:59| Comment(14) | TrackBack(0) | ポメチの皆さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

平成19年度狂犬病予防注射と血液検査

今年のお知らせ葉書はずいぶん早く送られて来ました。昨年はまだ来ないのに打ちに行ったからでしょうか。
せっかく病院へ行ったのですから、先生といろいろな話をしているうちにお隣のパグの鈴(りん)ちゃんが血液検査をしたことを思い出しました。彼女は5歳になったので病院ですすめられたと聞いていたのです。
まだ2歳なので「なにか気になることがないのでしたら、特にしなくてもいいんですよ」とは言われたのですがお願いしてみました。

Blood test1.jpg

簡単な検査なので採血したら10分ほどで結果が分かります。ロコにしたら狂犬病の注射に採血とダブルパンチで、またしても病院嫌いに拍車がかかりそう(笑)。
最近は病院のありかが分かっているようで、そちらの方向へはなるべく歩きたがりません。いよいよドアが見える場所へ来ると、歩道の一番端(車道に近い)のところを遠巻きに歩いてやり過ごそうとしているのが笑えます。

Blood test2.jpg

さて、検査の結果は良好で全てが正常値内でしたし、フィラリアもいません。腎臓の尿素窒素と肝臓の総蛋白の値がやや高めでしたが、これはタンパク質をとるとすぐに上がるそうです。ちなみに自宅でオシッコを所定の場所にしたのでご褒美に鶏ササ身をあげていたのでした。
手作り食で栄養バランスに自信がなかったのですが、まずまずの好結果で一安心です。
ニックネーム kukui at 23:59| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

オビディエンスへの道Vol.4「ノービスクラス1テスト」

Vol.4-DogschoolOno1.jpg

『オビディエンス・ノービスクラス1』。ドッグスクール小野のしつけ教室に参加している犬なら、誰でもこの試験を無料で受けられます。
テスト内容は以下の通り。
1、紐付き脚側行進(リードを付けて、人の歩調に合わせて左側を歩く)
2、紐付き停座(スワレをさせる)
3、自由課目(お手などの得意な課目を選択して行う)

Vol.4-DogschoolOno2.jpg

ロコがアヴィ君といっしょに教室へ通い出してもう3回。全然できなかったツケも、誘導すればなんとかできるようになってきました。毎日の散歩の時の公園で、道の途中でツケやマテの練習をしています。もちろんリードがなければあらぬ方向へ行ってしまいますが、リードさえあればなんとかなるでしょうとユルーイ考えでテストに臨んでみました。

Vol.4-DogschoolOno3.jpg

ところがところが、これが試験となると飼い主の鼻息の荒さとは逆に、テンションが下がりまくり!いつもの散歩時には飼い主の先を歩こうとするのを、リードで制御することが多いのに後ろをトボトボ歩く始末です。
次の停座は小野先生がリードを持ち、飼い主が離れた場所からコマンドを出します。これはうまくいきました。
最後の課目は「お手」を選びました。最初に左手を、次にオカワリと言って右手を手のひらに乗せます。これも上手にできました・・・、と思いきやここで先生から「もしかして癖になってませんか?」とのお言葉。そこで左手を手のひらに乗せたまま、しばらくそのままの状態に。先生の号令と共に、次のオカワリの指示を出します。ロコはいつものタイミングとは違うので、うまくはできませんでした。

Vol.4-DogschoolOno4.jpg

結果はかろうじて合格点の42点(50点満点)。先生の評価は?
○紐付き脚側行進
 リードを張り気味で歩いています。人より後ろを歩きがちなので、喜求性を付けて前に出る工夫を(−5点)
○紐付き停座
 good
○自由課目
 オテとオカワリはワンパターンに行わないように。言葉に反応して行うように教えましょう。(−3点)

総評は【服従に対して喜求性(喜び)を持たせるように。課目に関しては確実性を更に身に付け、コマンドに反応するようにしましょう】のアドバイスをいただきました。

Vol.4-DogschoolOno5.jpg

やる気のないロコをどうやって奮い立たせるかが今後の課題です。トレーナーの方には「飼い主が暗い雰囲気だと、犬も気持ちが落ち込むものなのですよ」とご指導いただいています。明るく楽しい雰囲気作り、褒めるタイミングなど飼い主の責任重大です〜。

Vol.4-DogschoolOno6.jpg
ニックネーム kukui at 02:29| Comment(20) | TrackBack(0) | ドッグスクール小野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

4月の「わんわんパトロール隊」しつけ教室

wanwanpat-Apr1.jpg

先月は3頭だけでちょっと寂しかったパトロール隊しつけ教室ですが、今回は体験ゲストやその場で勧誘した方々(2頭)も参加して9頭での開催となりました。
今日は先生の奥様によるご指導。この秋に予定されている町内会のイベントに参加するための予行演習を兼ねての教室になりました。
今日が初参加のパピヨンのハッピーちゃんはまだ子犬だったので、先生の個人授業になり、まずは全員で横一直線に並んでオスワリ。飼い主の左側に座らせるのが基本姿勢です。その間を先生の連れて来たボーダーコリーちゃんがジグザグに歩きます。これは全員で同じことをやってみました。愛称のやや悪い子達もいましたが、まずまずの出来です。

wanwanpat-Apr2.jpg

次に1頭の飼い主がその場を離れ、10mくらいの位置から「コイ」で呼びます。その時に他の犬さん達はつられてその場を離れないようにするというものでした。が、しかし皆さんかなりおりこうさんで、誰もその場を動こうとしません。数頭でやってみましたが結果は全て同じでした。毎月やっているしつけ教室の効果は大きいですね。

wanwanpat-Apr3.jpg

体験ゲストで来てくれたポメラニアンとトイプードルのハーフ零(れい)君、マルチーズとトイプードルのハーフ杏(あん)君は、他のしつけ教室に通っている優秀犬。「ツケ」も飼い主さんの顔をじっと見ながら歩きますしたいへんなおりこうさん達です。もちろん先月もゲスト参加してくれたパピヨンとシーズーのハーフ臣(じん)君も、相変わらずの素晴らしさでした。
残念ながら毎度お楽しみのミニアジリティはありませんでしたが、イベント参加の目標もできましたし、どんな内容にするかなどの楽しみもできました。一般の方々に隊員の活動のことを知ってもらう良いチャンス、がんばらなくてはと思います。

wanwanpat-Apr4.jpg
ニックネーム kukui at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

トイプードルのハーブ君

with HAAB1.jpg

いつか一緒に遊びましょう!と言いながら、なかなか会う機会のなかったトイプードルのハーブ君(5歳になったばかり)。いつも忙しいはーぶままがたまたまオフになったとの連絡が入り、念願叶って一緒にお出かけすることができました。

検索エンジンで『福岡 トイプードル』と入れると、必ずトップに表示されるのがハーブ君のサイト「ハーブワールド」。たいへん洗練されたデザインのホームページで、プロが作ったとしか思えません(笑)。開設時期は定かでないほどの(いえ、私が知らないだけです)老舗サイトですので、とても有名犬。今ではアジリティ(障害物競走)の選手として、先日も北九州・芦屋市で行われたJKC競技会、近いところでは熊本県玉名のセキアヒルズにて予定されているクラブアジリティー競技会に出場予定です。

with HAAB2.jpg

さてお出かけの場所ですが、まずは久しぶりに「カフェ オット・アゴースト」(東区奈多)へ。このほど天神のレストランで腕をふるっていた、若き有能なシェフを迎えメニューを一新。本格的なイタリアンレストランの風情になっていました。プチコースのようなプレートランチは1300円で、デザートはガトーショコラとクレームブリュレのいずれかのチョイスです。
本当に久しぶりだったのですが、オーナーさんはハーブ君はもとよりロコまでちゃんと覚えていてくださいました。そうそう「コロちゃんにもよろしくお伝えください」との伝言も♪

with HAAB3.jpg

腹ごしらえも済ませて向かった先は国立・海の中道海浜公園内のドッグラン。3月いっぱいでオープン記念の無料期間は終了したはずですが、なんと4月末まで期限延長に。利用料はまだ未定だそうです。
その情報が浸透していないせいか、小型犬エリアには誰もいません。フィールドはハーブ君とロコの貸し切りになりました!

with HAAB4.jpg

そこで1対1の勝負がスタート。もちろんいつもの調子で誘ったのはロコの方。でも、お相手はなんてったって筋肉ムキムキ現役のアジリティの選手。アジ歴だってけっこう長いし、JKCのオビディエンス初等科だって楽々合格して現在中等科試験に向けて訓練中というハーブ君ですよ〜。ま、軽く揉んでもらって、ひっくり返されて【勝負あり一本!】でした。

with HAAB5.jpg

こんなチビじゃー、相手にもならないって感じかな?(笑)。
でも〜たぶん、おそらくロコはリベンジもくろんでいます♪
ニックネーム kukui at 02:23| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする