2007年06月28日

第1回ドッグパークJR箱崎駅前大運動会

ドッグパークJR箱崎駅前は、2007年3月1日に開業した福岡・東区JR箱崎駅の高架下にあるペット複合施設。トリミングサロンとペット斎場が主な施設ですが、なんと全天候型のドッグラン(約180坪)を付帯しています。高架であることを利用したものなのですが、なかなか良いアイデアだと思いませんか?

Dogparkhakozaki1.jpg

そんなドッグランを利用したイベントが「第1回ワンコだらけの運動会」。ロコとアヴィ君が全種目、コロ君はペーパーリード競争以外の全種目に挑戦してきました。

Dogparkhakozaki2.jpg

○障害物競争〈タイムトライアル+技術点〉
 5ケ所の障害物(ハードル、Aフレーム、トンネル、タイヤ、お座り台)をクリアしながら、ゴールまで飼い主と並んで走るもの。クリアできない障害物はパス、ただし減点。リードの有無は自由、ただしノーリードは技術点10点加算。
・ロコとアヴィ君はタイヤジャンプを棄権しましたが、なんとコロ君は完璧にクリア。未経験なのにこれはすごいです♪このタイヤはほとんどの犬さんが嫌がっていましたが、飼い主が無理矢理ねじこむ一幕も。

Dogparkhakozaki3.jpg

○ペーパーリード競争〈タイムトライアル〉
 紙テープを犬の首にかけ、切れないように一緒にゴールを目指す。テープが切れる、また犬から離れた時点で失格。
・特にアヴィ君とロコは16秒台をマークするほどがんばったんですよ〜。

○レトリーブ競技〈タイムトライアル+技術点〉
 ボールやおもちゃを投げて、飼い主のもとに持ち帰るゲーム。投げた距離でポイントが変わるもの。所定のタイム内に持って帰ってきた回数と距離を競う。

Dogparkhakozaki4.jpg

・ロコは自分のおもちゃを持参しました。ボールではなくて音の出るぬいぐるみだったので飛距離ポイントは稼げませんでした。ただ、持ち帰るのはいいのですが私が取ろうとすると、逃げ出す始末・・・。アヴィ君は普段おもちゃで遊ばないので、タオルを結んだものを用意しましたがイマイチだったようです。コロ君はmacoroさんの投げたボールが気に入らず、その場にたくさん用意されていたボールを自分で選びに行っていました。ちゃんと持ち帰ってくれていい感じだったのですが、ボール選びで時間をロスして惜しかったのです。

○早食い競争〈タイムトライアル〉
 主催者側が用意したカリカリフードを早食いする競技。体重別に行い、スタート前はオスワリかフセで待つ。
・始めてのフードには、食べることはせずにひたすらスリスリするだけのロコ。案の定、皿から1粒出しては耳の下の毛に匂いをこすりつけてばかり。結局時間内に10粒くらいは食べたでしょうか、時間切れで最下位でした。

Dogparkhakozaki.jpg

コロ君とアヴィ君は揃って中型犬クラスにエントリー。皿をジッと見つめる姿に「これはどちらかが優勝することまちがいなし!」と思われました。が、スタートするとアラアラ不思議、さきほどまでの意気込みはどこへやら。ユックリと味わいながらのお食事タイムになってしまいました。特に期待されたコロお兄ちゃんとアヴィ君、完食したのに生後4ヵ月のゴールデンちゃんに及びませんでした。普段から争うことを知らない1人っ子の皆さん、今度は早食いではなく大食い競争を狙いましょうか!?

Dogparkhakozaki6.jpg

この後、犬と暮らす上での常識を○×形式で答えるクイズもあったりして、楽しかったイベントもここで終了。最後は各競技の優勝者への表彰式が行われました。アヴィ君は『ペーパーリード競争』で見事優勝!手作りの素敵なメダルと賞品(たくさんのおもちゃなど)が授与されました。さすがアヴィ先輩、かっこいいです♪

第1回のイベントにしてはたいへん盛り沢山な内容で、無謀にも全ての種目にエントリーした私はひっきりなしの出番にヘトヘトでした。休憩なしのぶっ通しは辛かったです。あ、これはロコも同じですね(笑)。
★最後に、またまた私の代わりに写真を撮ってくださったコロアネさんに感謝します。今回もお世話になり、本当にありがとうございました♪

ニックネーム kukui at 23:59| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

2007年6月のフレンドリークラス -一般クラス-

【今月の参加者】
ブン君/アヴィ君/ちゃちゃちゃん/モモちゃん/ロコ

FClassJune1.jpg

毎回会場となっているビースパ油山店が改修工事のため、今月は【Dr.のん】二瓶先生の事務所の一角で行われたフレンドリークラス。一般クラスよりも1時間早くスタートしたパピークラスは、定員オーバーになりおことわりした方も出る程盛況だったとか。
半年振りに会ったミニチュアダックスとトイプードルのハーフ・モモちゃんも、そんなパピークラスからの参加でした。前回お会いした時には毛がモコモコちゃんでしたが、今はさっぱりとサマーカットになっています。毛がなくなるとダックス色が全面に出ますね。もう1歳半になったそうですので、この際だから一般クラスへ昇格なさってもいいかもしれません。まったり落ち着いた雰囲気で、くつろげますよ♪

FClassJune2.jpg

さて、今回もウォーミングアップがわりの〈「オスワリ」&「フセ」で5秒以上待つ〉からスタートです。
主な内容は以下の通りです。

○オスワリからマテをかけ、先生にリードを預けて飼い主はその場から離れます。適当な場所からフセを遠隔操作。
○ステーションをかけて飼い主はその場から他の犬さんのところへと自由に移動。意識の半分は自分の犬へと集中させておき、コマンドが崩れるようなら即座に注意を促します。
○入り口を利用して飼い主と一緒に入退室の際のルールを再確認。いずれも犬が先になってはいけません。オスワリなどのコマンドを入れ、飼い主が先に出てからヨシで進ませましょう。

FClassJune3.jpg

今日はいつもと場所が違うのでいつも通りにできない子、できる子にきれいに別れたと思います。ロコは毎年お正月はこの事務所で預かっていただいていますし、つい2ヵ月前にも宿泊しているので慣れたものでした。まさか別宅くらいに思っているのでは!?(笑)

■最後に獣医師でもある先生からのアドバイス。
日中はかなり気温があがるので、ドライブ時の暑さ対策は万全にということと、草むらで遊んだりした後のケアについて。草がお腹にあたって草まけする子が多いそうです。散歩から帰ってきたら下の部分だけ水で洗うと良いそうです。シャンプーではなく、水洗いのみがベストですが、ハーブ系のシャンプーですと刺激が少ないようです、水はユーカリやティーツリーなどの、オイルを垂らした水だとなおいいみたいですよ。

FClassJune4.jpg
ニックネーム kukui at 23:59| Comment(20) | TrackBack(0) | Dr.nonしつけ教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

オビディエンスへの道Vol.8「チンチンに挑戦」

vol8DogschoolOno1.jpg

少し前のことになるのですが、フリースタイルの持ち技は「オテ/オカワリ」しかないロコのチンチンの練習へ行ってきました。

vol8DogschoolOno2.jpg

今更説明の必要はありませんが、チンチンとは座ったままの姿勢から上体をおこしてバランスを保つというものです。これができるようになるとなかなか素敵♪と飼い主もはりきって練習に挑みました。
が、しかしこればかりは小野先生直伝ということで飼い主の出番なし、おまけに企業秘密なので画像なし。文章による説明はいいですよ〜、とは言われたのですが門外不出の訓練内容が漏れることになっては申し訳ありません。ですのでチンチン特訓はレポートなしにすることにしました。

vol8DogschoolOno3.jpg

代わりに諸先輩方の模範演技を披露!アメリカンコッカーのビンゴ君は前足を垂らしてバランス感覚抜群です。飼い主さんが解除するまで何時間でもやっていそうな勢いに圧倒されました。ウエルッシュコーギー・ペンブロークのウリちゃんは確かロコより年下のはず。でも小野先生のかけ声でこれまたすばらしいチンチンを見せてくれました。う〜ん、皆さんとてもすばらしい。

vol8DogschoolOno4.jpg

ロコはというとユラユラのガクガクで、これで本当にバランスをとれるのでしょうか、という感じ。でも、双子の弟ティアラ君も上手にできたし兄にできないわけがない!とばかりにこれからも精進あるのみです。

もちろんこの日はその他にも、最大の課題「ツケ」の反復や合同レッスン、最後にはお楽しみのミニアジリティも。今回のアジリティは少し本格的なもので、ハードルを一気に6本越えし、緑と赤のコーンをすり抜けて、2本のスラロームの間を走り最後はちょっと長めのトンネルをくぐるというものでした。ロコはこの時間が一番楽しそうです。リードをつけたままなので、いつも私が遅れてロコに迷惑をかけてしまうのが難点・・・。

vol8DogschoolOno5.jpg

言い忘れました。チンチンと言うのが少々照れくさいので、家族会議の結果(!?)【ティンティン!】と呼ぶことにしました。変ですか?(笑)
ニックネーム kukui at 11:25| Comment(16) | TrackBack(0) | ドッグスクール小野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

JOICE ON THE TABLE Night Cafe vol.4

定期的にギャラリーで作品展を開き、その器ブランドJOICE ON THE TABLEを使ったメニューを提供するカフェが、SUNNY SIDE WORKSという週末だけのカフェ。
そんな2つのギャラリーとカフェは福岡・早良区の山の中にあります。私達は通称お山カフェと呼び、器の新作展と聞いてはコロ君一家と走ります。もちろんその目的以外にも、犬と一緒にのんびり過ごすことのできる場所として大切に思っています。

vol.4nightcafe1.jpg

そんなお山カフェでのイベント『Night Cafe』は、普段は午後6時までの営業のところを夜に開いてしまおうという企画。しかも野外ライブあり、映画上映ありの盛り沢山な内容です。
さらに特筆すべきは中央区警固の超人気店「カフェ・テコ」が、出張カフェとして登場することでしょう。この日はお店を臨時休業にしての参加でした。

vol.4nightcafe2.jpg

メニューはこんな感じです。
○Teco定食(メインは和風ハンバーグとカレイと豆腐の煮付けいずれか
 チョイス)840円
○チキンと野菜のポトフ600円/○夏野菜カレーライス630円/焼き立て
 フォカッチャ630円/おむすび120円/豚汁250円
他にも200円で各種おつまみが用意されていました。
また、SUNNY SIDE WORKSのケーキセット600円などのスイーツ類各種もあり、フードの充実ぶりは見事なものでした。

vol.4nightcafe3.jpg

そんなことに感心しつつテコ定食をほおばっていると、トイプードル・ハーブ君がパパとママを引き連れて、初のお山訪問。ドッグラン研究家から【犬も一緒に過ごせるカフェ評論家】に変身していただいて、さてその評価やいかに?(笑)
アコースティック・パフォーマンス楽団のporcoの皆さんがリハーサルをする前後に、何度か集中豪雨を経験しましたがライブが始まると雨があがりました!アコーディオンをメインにしたミュゼット音楽風のサウンドで、なにしろ陽気で楽しいライブでした。雷の音だって曲のエッセンスになってしまう程♪

最後はカフェを会場に個性的なフィルムを上映することで知られる69'ners FILMによる映画上映。アメリカ人マネキン家族が繰り広げるブラック・コメディ「オー!マイキー」シリーズから、「ワー!マイキーリターンズ」が公開されました。満面の笑みのマネキンの台詞がキツイ皮肉や本音で、かなり笑えます。
今回のお山イベント、ホタルには会えませんでしたが思い出深く、楽しい一夜を過ごすことができました。

vol.4nightcafe4.jpg
ニックネーム kukui at 11:13| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

オビディエンスへの道Vol.7「ノービスクラス2テスト」

vol7DogschoolOno1.jpg

今回はいよいよドッグスクール小野オリジナル試験『オビディエンス・ノービスクラス2』に臨みます。飼い主はまだまだ早いとは思っていましたが、アヴィ君がトライするので一緒にいかがですか?とのお誘いを受けての参加でした。

内容は下記の通り。

1、紐付き脚側行進(リードを付けて人の歩調に合わせて左側を歩く)
2、紐付き停座(スワレをさせる)
3、紐付き伏臥(フセをさせる)
4、紐付き招呼(ロングリードを使用して、傍らに呼び寄せる)
5、自由課目(得意な課目を選択して行う)

vol7DogschoolOno2.jpg

ツケでの歩行は相変わらずやる気が薄く、先生からの指示「ハイ、そこでターンして」では大幅に遅れます。さらにツケ歩行からの停止では、飼い主が先生の指示を聞き間違え、ロコにマテをかけて自分は歩いて前進しちゃいました。本当は犬も飼い主も一緒に止まらなくてはいけません・・・、ハンドラー失格です!!
その後はまあまあの出来。ですが最後の自由課目オテでは、1回目は無事に出来たのですが2回目はコマンドを出しても、手を出してくれずにかなりあせりました。
お粗末な内容でしたが、結果は一応パスしました。アヴィ君ももちろん合格です♪

vol7DogschoolOno3.jpg

点数は96.5点(100点満点)。先生の評価は?

○紐付き脚側行進
 飼い主さんに対して集中力が少し欠ける時があります(−1点)。
 停止した時、スワレの命令がないと立止のままです(−0.5点)。
 停止の時、前に出てしまいます(−1点)。
○紐付き停座
 good(20点)
○紐付き伏臥
 good(20点)
○紐付き招呼
 good(飼い主さんに対して、常に意識をしています(20点)。
○自由課目
 オテは若干不確実なところが見られました。(−1点)

短評として【脚側行進を特に練習すると、色々な場面で利用できると思いますのでさらに訓練を続けてください】とのアドバイスをいただきました。
基本中の基本『脚側行進』は今後も永遠のテーマになりそうです。ツケはかなり上達したなと実感しているのですが、そのまま歩行に入るとテンションが下がってしまいます。少しアイデアがあるので、これからはツケでの歩行に喜びをもっとプラスして訓練していこうと思っています。

vol7DogschoolOno4.jpg

☆最後にロコのテスト中など、私の代わりに写真を撮ってくださったアヴィ君パパに感謝します。ありがとうございました。
ニックネーム kukui at 23:59| Comment(14) | TrackBack(0) | ドッグスクール小野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする