2008年01月30日

オビディエンスへの道Vol.22

大遅刻のフレンドリークラスから、そのままドッグスクール小野へやってきました。最近このパターンが多いのですが、昼食をゆっくり食べる暇がないので、グランド脇のテーブルでコンビニ仕入れのおにぎりなどをパクつく飼い主達です(笑)。

Jan27DSOno1.jpg

今日はロコのちょっと苦手なコマンドを修正したいと小野先生に相談です。すると、それが得意なナイス君をお手本に指導が始まりました。私はこのコマンドのために、ロコに度々「そうじゃない」「違う」とたしなめてきましたが、小野先生には『叱ったり、注意をしてはいけませんよー』とアドバイスしていただきました。多くは書きませんが、ナイス先生のお手本でそのヒントはしっかり理解しました。私の場合、やはり試行錯誤の自己流でどうにかしようとせず、プロに習うと近道できる気がします♪

Jan27DSOno2.jpg

今日は新入生、入学間もないの犬さんがたくさん。そこでいつもより長めの合同レッスンが行われました。飼い主さんが傍らで必死にフセ〜と言っているにも関わらず、立ったままのパピーちゃんを見ながら「初めてのしつけ教室の時にはロコも全然言うことを聞かず、周りをキョロキョロしてたなぁ」なんて思い出していました。脚側なんて全然できませんでしたが、今では私の左足に自分の肩を押し当てながらクルリと方向転換できるようになりました。訓練の成果は大きいです。

Jan27DSOno3.jpg

アヴィ君などは、小野先生から「服従訓練試験の中等科、高等科もすぐに狙えますね」とのお墨付きをもらえるくらいに上達しましたし、太り気味と言われた体も筋トレのおかげですっかりスリムになりました。

などと回想にふけっていたら、あっという間に最後のプチアジリティタイムへ。しつけ教室の時間は淡々と過ごしていたロコも、この時ばかりは最高に嬉しそうです。毎度ハードルで飼い主を置いてきぼりにしてもどこ吹く風。もう少し足の遅い飼い主への配慮ってもんが欲しいです!

ニックネーム kukui at 03:10| Comment(14) | TrackBack(0) | ドッグスクール小野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

2008年1月のフレンドリークラス -一般クラス-

今年最初のフレンドリークラスです。・・・、なのに大遅刻してしまった私!出かける時間を1時間間違え、さあそろそろ家族を起こそうとしたのがスタート時刻の20分前。「なんでこんなにゆっくり起こすの?」と言われるまで、自分のミスに全然気が付かなかったのでした。
たるんでいます!言い訳はききません、反省です〜。ということで半分しか授業を受けてません。

FClassJan1.jpg

【今月の参加者】
アヴィ君/サンドラちゃん/ちゃちゃちゃん/ロコ

慌てふためいて、クラスのドアを開けるとちょうどリラックスタイムが終わりかけていたところでした。

08FClassJan2.jpg

今回参加できた主なメニューは以下の通りになります。

○「脚側から八の字股くぐり」
飼い主が開いた足の間をくぐるもの。最初はオヤツなどを使って誘導。完成形は声、もしくは手の指示のみで。これを発展させ、等間隔に置かれた椅子をジグザグで歩けるようにするなど、楽しいゲーム感覚で遊びとして取り入れましょう。

○「脚側行進、指示により停止&オスワリ」
先生の指示で歩くスピードや、停止を行う。停止と同時にオスワリができるように。さらにその場でフセをさせ、飼い主だけがそのまま行進していき、場内を1周したらフセからオスワリのコマンドを出す。

○「遠隔操作」
オスワリからマテをかけ、飼い主はその場から離れる。距離をおいたところからフセへの指示を出し、できたら犬のところへ戻ってアイコンタクトがとれたらヨシで解除。

08FClassJan3.jpg

最後のリラックスタイムでは、先生から「犬の十戒」のプリントが渡されました。すべてに納得するわけではないのですがぜひ一度読んでみてください、とのことでしたし、日本語訳よりも英語で読んだ方が解釈の仕方が変わって良いかもしれませんともおっしゃっていました。

さて、これで本日のクラスは終了。最後に全員でリードをはずしてコミュニケーションの時間に。いつもならそのまま遊んで終わりですが、今回は「呼び戻し」のおまけ付でした。犬達が自由にしている最中に突然名前を呼んでみるのです。口調はあくまでも優し気に。試しにロコを呼んでみましたが、全然戻ってなどきません。なにをしているのかと見てみたら、ペットシーツにウ●チをしている途中でした。遅刻飼い主に教室内で排せつする犬・・・、新年早々見苦しいことの数々です。

08FClassJan4.jpg
ニックネーム kukui at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | Dr.nonしつけ教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

オビディエンスへの道Vol.21

2008年のスタートはドッグスクール小野からです。今年もまだまだ服従訓練強化は続きます(ロコには迷惑でしょうが・笑)。

Jan13DSOno1.jpg

このお正月は鹿児島で過ごしました。滞在の半分くらいは雨でしたが、天気の良い日にはイオン鹿児島ショッピングセンター内のドッグカフェへ行き、併設のドッグランで遊んだりできました。散歩で行く公園でも他の犬さんと遊んでもらったりして、なかなかの充実振り。しかし家の中では猫との共存のために、別部屋に隔離状態でちょっと寂しそうでした。さらに混雑時のJRでの犬連れはたいへんです。満席状態で足元のバッグに入っているのは、ロコも辛そう。やはり年末年始は例年通りDr.のん先生の事務所がいいのかな?と思ったりしています。

Jan13DSOno2.jpg

Jan13DSOno3.jpg


話をスクールに戻して。今回はもっぱら自主練習、といいますか飼い主の方が正月ボケしていて、やる気よりおしゃべりに夢中になってしまいダルダルモード(笑)。軽くこれまでの復習をしたり、自由選択課目のお披露目ごっこなどして過ごしました。もちろん合同でのレッスンや最後のミニアジリティは真面目にやりましたですよ(笑)。

Jan13DSOno4.jpg

しつけ教室の翌日はアヴィ君と共に海の中道海浜公園のドッグランへ。といいますのも、しつけ教室の最中にやたらテンション高くグランドを走り回っていたアヴィ君。そんなに走りたいなら、思いっきり走っていただきましょうとやってきたのです。

Jan2008uminaka1.jpg

ですが昨日はあんなに楽しそうに駆けていたのに、今日はあまりそんな気分になれなかったようで、アヴィ君の走りっぷりを見たかった私は少々残念。アジリティの設備も2つあるのでハードルの練習したり、ロコは生後10カ月のパピヨン君相手に大人気なくもマジになったりして過ごしました。

Jan2008uminaka2.jpg
ニックネーム kukui at 23:59| Comment(14) | TrackBack(0) | ドッグスクール小野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする