2009年05月26日

下顎前臼歯の部分欠損から1年

今からちょうど1年前のことです。いつものように爪切りと歯垢取りをしていた時、右下の奥歯の手前の歯の先端が茶色に変色しているのを見つけました。あれ?と思い、左右の歯を見比べてみると前臼歯の一番奥、後臼歯のひとつ手前の歯の一部が欠けていたのでした。

09-23May-PetClinic1.jpg

かかりつけ医に診てもらうと、虫歯ではなく単に割れた歯から歯髄が露出。炎症をおこしかけているので茶色に見えるとのこと。このまま放っておくと歯肉炎などの原因になりやすいので、すぐに抜糸を考えては?とのことでした。神経を抜いてセメントを詰めるなどの治療もあるけれど、いずれダメになってしまうことが多いからおすすめできないとも。

また他の獣医師さんからは、東洋医学的考えでは人間と同じように歯はそれぞれ内蔵につながっているので、できれば抜かない方がいいですよ、とのアドバイス。これまで環境の除菌のための水をスプレーしてみたり、ホメオパシーに頼ってみたりもしてきましたが、いよいよ歯の根元がぐらついてきました。

09-23May-PetClinic2.jpg

抜歯を考えるようになったので、どうせ抜くなら歯科に強いと聞く獣医師さんに一度診てもらたいと思い、この程行ってまいりました。病院に着くとものすごい患者の数で、待合室では足りず駐車場で待つ飼い主さんと犬多数!いったいいつ診察してもらえるのかと不安いっぱいでしたが、そう長く待つこともなく、しかも院長先生直々に診てもらえることになりました!
さっそく診察台に乗せ、この歯なんですと見せたところ開口一番「ん?これは乳歯ですよ」。

09-23May-PetClinic3.jpg

ロコは乳歯をほとんど自力で抜くことができず、生後半年の去勢手術の際に13本も抜いてもらった経緯があります。まさか、この年になるまで乳歯があるわけが・・・。と思っていると「右側だけじゃなくて左も、これも乳歯かも」とおっしゃいます。結局それを証明するためにもレントゲンを撮ることになりました。筋肉に麻酔注射を打ち15分もすると、力が抜けて抱えていた家族によるとズシンと重くなったとか。

09-23May-PetClinic.jpg

さてレントゲンの結果ですが、やはり左右共に乳歯遺残でした。レントゲンの写真を見ても、他の永久歯達の歯根と比べると違って見えます。この乳歯は表面を見ただけでは永久歯と見分けがほとんどつかないものだそうです。歯科に力を入れている自分だから分かっただけで、乳歯の抜歯をしてくれたお医者さんは気が付かなくて当然ですよ、とも。しかもこの前臼歯は埋伏歯(歯肉や顎骨に埋もれてしまっている)なわけでもなく、完全な欠歯(永久歯が生えてこない)でした。

09-23May-PetClinic5.jpg

簡単に欠けてしまったのも乳歯だったので、他の永久歯より耐久性に乏しかったのでしょうね。乳歯と聞いたら、これまでのなんとか温存させたいという気持ちから解放されました。しかし私が晴れ晴れした気分に浸っていたその横では、「麻酔、麻酔が怖いじゃないか」と唸っている家族が・・・。犬も局部麻酔で抜歯できたらいいのですけどね〜。
来月初旬にいよいよ2本同時に抜いてもらいます!

ニックネーム kukui at 14:21| Comment(26) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

オビディエンスへの道・・は今回お休み

09-16May-DsOno1.jpg

今日は別の用事でスクールへ。時間が間に合えばしつけ教室へ参加したかったのですが、終了30分位前に到着したのでしばらく見学していました。
フレンチブルドッグにヨークシャーテリア数頭、イタリアングレーハウンドにジャックラッセルテリアなど今まで見ない顔ぶれが多数。なかでもフレブルちゃんは今日が初めてだったよう、これからがんばってください。

09-16May-DsOno2.jpg

ロコと一緒にスクール見学へ来たのは、1歳2ヶ月のミニチュアダックス・ななちゃん。少し複雑な家庭環境にあり、今は日中はnezuさん(フレンドリークラスの生徒ゴールデンレトリーバー・故ミッキー君の飼い主)の自宅で過ごしています。たいへんおとなしい女の子で、初めて会う私やロコにも吠えたりしません。車の中でも後部座席にジッと伏せて、いるかいないか分からないくらい。スクールではたくさんの犬を見ておどおどしていましたが、やはり吠えたりはしませんでした。この年齢でこんな感じですと、かえって心配になってしまいます。早くきちんとした環境が整いますように。

09-16May-DsOno3.jpg

そんなななちゃんをよそに、いたってマイペースなロコはいろんな飼い主さんの元へオヤツをもらいに行っておりました。特にはるぷくさんのくださったスペシャルハンバーグは絶品だったようです(笑)。最初にいただいたヘルシーなものにはフンとしたくせに・・・。おやつの選り好みするなんて、犬の風上にも置けません!

さて、そうこうしているうちにしつけ教室の時間は終わり。今日の目的のゴールデンレトリーバーの赤ちゃんとご対面です。
http://roco.a-thera.jp/article/1602967.html

昨年12月の日記に書いた小野先生のところのゴールデンさんの赤ちゃんが産まれ、その中からミッキーちゃんの弟になる子がまさにこの日決定しました。

09-16May-chibimickey1.jpg

最終的にこの子はnezuさんが選んだのではないというところが、なにか運命めいていると彼女は話します。そう、ミッキー君が導いてくれたのかもしれませんね。
今はまだ名前が決まっていないチビミッキー君は生後20日。体重は1.9kgで、目もしっかりと開いています。でも顔がしわしわで、瞼が下がって開いているように見えないところがたまらないかわいさ!

09-16May-chibimickey2.jpg

こんなベイビー時代に会えるなんて、小野先生のところの子だからこそ。写真、動画をたくさん撮らせてもらいました。比較のためにロコも一緒に写りましたが、1日100g単位で大きくなるそうですので今月中にはロコを追い越すことは確実。そのうちやんちゃになって、つぶされるかもしれません(笑)。
おめでとうnezuさん!腕の中に収まる大きさも後わずか。抱っこできるうちに何度も会いに行かなくちゃ、ですね
ニックネーム kukui at 09:36| Comment(20) | TrackBack(0) | ドッグスクール小野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

MCAS岩国 フレンドシップデー2009

09-05May-Iwakuni1.jpg

前回の来訪から3年振り、やっと米海兵隊岩国基地で行われる開放日「日米親善デー」に行ってまいりました。そういえば2年前にも行こうとしてたのに、福岡を発ったのが遅くゲートの開放時刻に間に合わなかった苦い経験が(笑)。

09-05May-Iwakuni2.jpg

今回はアヴィ君も同行、本州上陸&JR乗車ともに初体験でした♪ 行きのJRはすし詰めな満員電車というおまけ付きでしたが、それもおもしろい思い出になったかもしれません。

後から知りましたが、この日の人出は27万5000人、過去最高を記録したそうです。入場の際の荷物検査の際もそうでしたが、ステーキやハンバーガー、ホットドックに飲み物などを求める長い列が各所でできていました。味はさておき、ここならではの味覚ですので私たちも並びましたよ。

09-05May-Iwakuni3.jpg

ランチを済ませ、米軍、自衛隊両航空機の展示場などをそぞろ歩いて向かった先は滑走路。すでに始まっている航空ショーを見物です。ちょうどAV-8Bハリアーのデモンストレーションが始まったところでした。

ハリアーという戦闘機は垂直離着陸ができることで知られ、ホバリングという芸当が達者。これは超スローで飛行したり、空中でバックしたり静止するものです。しかも静止しながら回転もしちゃいます。エンジン音がハンパないので、アヴィ君はパパの腕の中戦闘機を見ないようにしている場面も。雷も直下の花火にも動じないロコは平気そうでした。

09-05May-Iwakuni4.jpg

ショーとは全く関係なく私とくららさんが気になっていたのは、多くの人が緑色のピザボックスを抱えていること。あれ?ピザなんてどこに売ってるの?と思っていましたが、帰る頃になってようやく販売しているブースを数カ所発見!最初の頃は人でごった返していて、どこでなにを売っているのか、ほとんど分からなかったのでした。迷わず買って草むらで広げてみるとすごくおいしかったのです、写真も撮り忘れる程(笑)。人気が高いのも納得の味でした。ちなみにダブルチーズとペパロニの2種1300円です。

09-05May-Iwakuni5.jpg

名残惜しいのですが、ここらで岩国基地ともさようなら。憧れの航空自衛隊ブルーインパルスの華麗なパフォーマンスは、JRの駅まで歩く間に遠くから拝ませてもらいました。そんなアクロバット飛行をちょっとだけご紹介。なお、写真キャプションのパフォーマンス名は私の判断です。間違っていたらすみません〜。

★ワイドトゥデルタループ
 5機がループを描きつつ、広めの隊形を密集隊形へと徐々に変化。
★タッククロス
 2機が背面飛行で進入し、ぶつかりそうな程の近距離で交差する。

他にも星形やハート&矢を描いたりなど、ため息が出る美しい技の数々がありますよ。ショーのフィナーレまで、ぎりぎり駅のホームから見届けられて幸せでした。また来年も行きたいです!帰りの渋滞も怖くはありません!(笑)

09-05May-Iwakuni6.jpg
ニックネーム kukui at 10:49| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

バーベキューパーティー

BarbecueatMarkunHouse1.jpg

公園仲間のミニチュアダックス・ルーシーちゃんとサモエド・マーク君(通称:まーくん)のお誘いでバーベキューをしてきました。昨年からお誘いいただいていたのですが、なにかと皆さんの都合が合わず悲願の開催です(笑)。

BarbecueatMarkunHouse2.jpg

場所はまーくんの住む、ルーシーちゃんのご実家の庭。たいへん大きな一戸建てで、お庭もすばらしく広いのです。まーくんが日中利用している(夜は家の中の布団で寝ているそう)ハウスも立派なもので、その目の前に広がるガレージ兼用スペースが今回のメイン会場でした ♪

BarbecueatMarkunHouse3.jpg

久しぶりに会うまーくんは、今月14歳になろうというのにたいへん元気そう。以前よりスリムになり、一回り小さく見えました。おウチではオレサマ道を貫くまーくんですが、ロコのそれと比べたら全然、全然。昔は庭に迷い込んだ猫をくわえて放り投げた武勇伝がありますが、匂いを嗅ごうとしただけなのに、ロコがガウガウ言ってしまいました。すみません〜〜。

参加者はアヴィ君、ポメプー零君、マルプー杏君とロコの「チーム食いしん坊」に、零君杏君のご実家のトイプードル・那智君。生後10ヶ月の那智君はバーベキュー初体験なら、こうして知らない犬や人に混じって1日アウトドアで過ごすのも初めて。

BarbecueatMarkunHouse4.jpg

何から何まで全てを用意してくださったルーシーちゃんとまーくんの飼い主・なおさんとまきさん姉妹&お母様。肉も牛、豚、鳥に加えて、日頃見ることの少ない野生の猪と鹿肉まで揃えてくださいました。私も初体験です ♪猪は歯ごたえ十分で味わい深く、鹿は鶏肉にも似た食感でかなり美味。鹿肉って低カロリーでヘルシーな肉なんですって。アヴィパパさんの勧めで塩ダレ、というのも良かったです。

お肉の他にもたくさんのおにぎりやソーセージ、炊き合わせなどがテーブルに満載!犬達も猪や鹿の肉をしっかりいただいて、たいへんごちそうさまです。また、残念ながらこのような肉が食べられない人には、ちゃんと焼きそばも用意。こういった場面では役に立つ、うちの家族が作りました(笑)。

Barbecue.jpg

たくさん食べ、飲みした後は食後のコーヒーをいただきながら犬と遊びました。そして腹ごなしにと、割と近場にあるダム公園へ。起伏にとんだ大きな公園で、広い芝生の遊具で遊んだり、ダムまで歩いて散歩したりとのびのび過ごせました。ダムでは水嫌いなはずのまーくんが、自分から水に入っていったりして楽しそう。泳いだことがないそうですが、今年の水泳大会が目指せる勢いではないでしょうか。ぜひ泳ぎを習得してください ♪

BarbecueatMarkunHouse6.jpg

しかし今日のロコは、那智君がロコのお尻を嗅ごうとしたのをきつく威嚇、まーくん家のお母様が抱っこしようとしてくれたのに阻止しようと威嚇・・・。歯が手にあたってしまいました、申し訳ございません(泣)。さらにジェラート屋さんでは、コーンをお裾分けしたルーシーちゃんに激しく威嚇・・・と、とんでもない勘違いヤロウでした。皆様ご無礼の数々をどうかお許しください〜〜。
ニックネーム kukui at 21:57| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

中央区桜坂の「Maison de Yoshida sakurazaka メゾン・ド・ヨシダ 桜坂」

Maison de Yoshida1.jpg

1962年、福岡・中洲に開業した老舗のフランス料理店が、昨年12月に桜坂へと移転。場所は城南線桜坂交差点及び、地下鉄七隈線桜坂駅より筑紫女学園方向へ徒歩3分。

Maison de Yoshida2.jpg

建物はまるごと店舗で、1階がカジュアルレストラン兼パンや焼き生菓子の物販「La Paniére de Nimes」、2階はメインダイニングの「Belle Provense」、3階はバンケット、4階がチャペルに分かれています。
1階のニームにはテラス席が設けてあり、ここなら犬さんOK。早朝から営業していて、モーニングのコースも用意されているので散歩途中にも気軽に寄れそう。

Maison de Yoshida3.jpg

写真のAコースはスープ2種、メイン3種から選ぶプリフィクス。全てのコースにはニーム特製パンの盛り合わせが付きます。他にオードブルがプラスされるBコース2200円やCコースのプロヴァンスステーキセット2800円も。

単品メニューも豊富で、黒豚のソーセージ950円、サラダニース風サラダ850円(サラダは全てパン付き)、サーモンフォカッチャサンド980円、フィレステーキプロヴァンス風100g1388円〜、牛肉の煮込みブルゴーニュ風1600円など。ワインなどのアルコールもあります。

Maison de Yoshida4.jpg

エントランス付近には緑がふんだん、きれいなお花がたくさん植えられています。幹線道路に近い立地なのに、たいへん落ち着く雰囲気が特長。また、サービスもフレンチレストランそのまま。ホスピタリティ溢れるレストランでした。

福岡県福岡市中央区桜坂1-6-38
092-716-1678
1階La Paniére de Nimes 
午前8時〜午後10時
火曜定休

ニックネーム kukui at 23:59| Comment(8) | TrackBack(0) | カフェ&レストラン等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする